index.htm へのリンク

EZregionの使い方

ダウンロード
2007/2/18
簡単なので直感的に使えると思いますが、記入の注意事項をお読みください。
実験的な小さなツールです。
Google Earthで見ている画面の範囲を利用して、region属性の着いたフォルダを作成します。
作成したときの画面内にある、プレイスマーク、パス、ポリゴン、オーバーレイなどもろもろをフォルダの中に入れると、フォルダに作成したregion属性のままに、ある高度で消えたり表示されたりします。

VB2005で作成したので、実行には.NET Framework Version 2.0が必要です。
インストールしていない方は、A-GtoKMLの起動時にダイアログが出ますので、Microsoftのサイトからダウンロードしてインストールしてください。
ダウンロードページ
Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ (x86)

更新履歴
2007/2/18
リリース:Google Earth COM APIを使う実験的に作ったツールです。

使い方
注意事項
フォルダに入れるものについては、必ず設定した範囲内にあるものにしてください。範囲の外のものにはregion属性がかかりません。
設定の数値に関してはいろいろ入れて試してください。設定する範囲によっても数値の効果が違ってきます。minLodPixelsの場合、ここを大きくすると低い位置まで表示されず、小さな数値にすると、かなり高いところから表示されるようです。


免責事項
このツールの使用にあたっては、ぜひ自己責任でお願いいたします。
著作権はBugsに帰します。
ご意見等ありましたらブログのコメントでご連絡ください。
Google EarthはGoogle社の商標です。
作者はGoogle社とは何の関係もありません。ただGoogle Earthで楽しんでいるだけです。